【セミナー】特許訴訟からみた特許明細書の在り方(2/6)

企業の経営戦略において、事業の競争力・収益力の強化となる有効な特許権を獲得し、経営に上手く活用していくことが益々重要となっています。
一方、特許権の活用にあたり、権利行使や特許侵害訴訟を提起したものの、特許明細書が原因となって、進歩性の主張が困難になったり技術的範囲の解釈が狭く制限されたり記載不備への反論が困難になったりして、権利行使や訴訟維持を断念せざるを得ないこともあります。

特許明細書は慎重に作成していても、競合他社から追及されて思わぬ諸問題を招来しているのが、現状であります。
本講座では、特許訴訟事例の問題点、その問題点から特許明細書の在り方について、講師の豊富な経験を交えて解説いただきます。

 


 
開催日時: 平成27年(2015年)2月6日
(金)13:30 ~ 16:30
場所: 広島発明会館 4F 研修室
(広島市中区千田町3-13-11 TEL082-241-3940)
定員: 60名
受講資格: 発明協会会員
(広島県発明協会以外の協会会員も受講可能です。)
※日本知的財産協会会員は、日本知的財産協会からお申し込みください。
参加費: 11,000円 (消費税込)
※広島県発明協会会員の方は、参加補助券をご利用いただけます。
受付締切: 平成27年1月8日(木)
※締切日を経過しても、空席がある場合は開催日の2週間前同曜日まで申し込みを受付ます。
※募集定員に達した場合は募集を締切らせて頂きますので、お早めにお申込みください。
※受講希望者が僅少の場合、開催が中止となる場合があります。
何卒ご了承ください。

 


 

◆参加ご希望の方は恐れ入りますが、参加申し込み用紙をFAXでお送りいただくか、メールにて添付してください。
また、お問い合わせフォームでも受け付けております。
下記を「お問い合わせ内容」にご記入ください。
【講座名】
【会社名・部署名・役職】(企業でお申し込みの方)
【受講者のご氏名】
【ご住所・郵便番号】
【お電話番号】
【種別】会員(   県協会)
【支払方法】銀行振込(請求書発行)・窓口現金支払・現金書留
【参加補助券】利用する・利用しない